フェレット 臭い

フェレットの体臭は臭い?

フェレットはイタチ科の動物です。

イタチといえば、
身を守るために発するオナラが臭い動物。

そのことからもわかるように、フェレットはとてもくさ〜い臭腺を持っています。
野生のフェレットですと、縄張りを主張するためと言われています。

臭腺をもつフェレット(ノーマルフェレット)を室内で遊ばせると、いたるところに分泌物を付着し、
家中が臭くなってしまいます。
そのため、賃貸物件などで、臭いの付着から飼うのをためらっている方も少なくありません。

では、フェレットって、臭いのでしょうか?

答えは・・・そんなに臭くありません!

では、フェレットの臭くないその理由と、その他の臭い対策についてお話します。

臭くない理由

臭腺除去手術を行っている

日本のペットショップに入ってくる前にほとんどが除去手術されています。
よって、臭腺を持っていません。
オナラはもちろんありませんし、体臭もペット臭(犬、猫)程度です。

長く飼っていても、「フェレットを飼っている」と公表しなければ、
きっと友人・職場にも気づかれないでしょう。

生殖腺除去手術(避妊、去勢)を行っている

日本のペットショップに入ってくる前にほとんどが手術されています。
発情により体臭がさらに強くなるフェレットですが、それも一切ありません。


フェレットは、この2つの手術によって、ほとんどペット臭くらいの臭いしかしなくなりました。

なので、ペット臭が大丈夫な方は・・・フェレット飼育OKですよ♪

その他の臭い対策

ここでは、フェレットの臭いの対策を書いていますが、ほとんど犬、猫のペットの対策と同じです。
そこまで厳しい内容ではありませんので、ペットを飼う中での一般的な清潔な環境を保ってくだされば問題ないです。

掃除をマメに行うこと

ケージ

毎日〜週1で拭いてあげましょう。
汚物をケージ内につけてしまっている可能性があります。
エサをご飯容器から出して食べる仔もおり、エサのカスが散らばっているかもしれません。

そこから日に日に臭くなります。
定期的に掃除してあげましょう。

トイレ

ペット用のトイレシートは足が汚れないためオススメです。
掃除は1日2〜3回が理想です。

汚物が溜まってフェレットが不潔だと感じると、別のところに排泄をしてしまうおそれがあります。
1シート3〜4個排泄していれば取り替えてあげてください。

多頭飼いや、あまり替えれない場合はケージとは別の場所にトイレを設置し、2〜3枚シートを広げて置いてあげるとよいですね。

ケージ内に置く場合は、ウサギなどの小動物用のトイレには網がついているので、
そこにシートをセットして使用することをオススメします。

排泄物が下に落ち、トイレ内で暴れたりしても、汚物まみれになる可能性が低くなります。

フェレット トイレ ぷーすけフェレット トイレ ぷーすけ

トイレ砂は、トイレの中でフェレットが寝てしまうのと、汚物まみれになるし臭くなるしで掃除が大変なのでオススメしません。
好奇心が強いため、食べてしまう仔もいます。

汚物がついて、フェレットを臭い、汚い、と思わないでくださいね。
もともと最低限の運動が必要な動物なので、ケージの中にずっと入れておとなしくさせることは難しいです。

飼い主さまで考えて、対策してあげましょう。

マット、ハンモック

汚れが気になれば取り替えてあげてください。
排泄物(マットなどにつくこともあります)、ペット臭などの軽減にはとても大切です。

スプレーなどの消臭剤は、臭覚の強いフェレットの体には負担になることも多いので、
できるだけコロコロや、洗濯などで清潔にしてあげてください。

毎日〜週1くらいで替えるのが理想です。
フェレットの毛が結構ついていますので、それがフェレットの口から入ってしまい病気になる可能性もあります。

定期的にお風呂(シャンプー)に入れてあげること

フェレット お風呂

洗い過ぎは逆に臭くなることがありますので、本当に気になる時などでよいです。
1ヶ月に1回ほどでもOK!
お風呂が好きな仔なら、洗剤をつけなければ好きなようにさせて大丈夫です。
水洗いでも十分効果はあります。

お風呂が苦手な場合は、フェレット専門店にあるお風呂に、入れてもらうのもよいですね!
シャンプーなどはフェレットに一番適した専用のものを使ってあげてください☆

耳かきをしてあげること

フェレットは耳かきを週に1回はしてあげなければいけません。
フェレット特有の分泌液が出て、とても痒がります。

そして、耳垢は臭いのです。

耳かきは専用の液で耳垢を浮かせて(人間用の綿棒でOK)おこないます。
耳ダニの原因になりますので、絶対してあげてください!

空気清浄機を買うこと

フェレットに限らずペットを飼っているとなんらかの臭いがこもってしまいます。
部屋のサイズに合った臭いを分解するタイプのものを選びましょう。臭い全般の対策にオススメです。

換気扇を入れて、窓をあけて、空気の入れ替えもしてくださいね。
カーテンを開けて部屋を日干ししてあげると直よいです。


ペットはフェレットに限らず、犬、猫にも特有の臭いがあります。
ですが、それは人間も一緒。

フェレットの臭いも許容できるレベルなのです。

ですので、もし臭いが気になるのでしたら、飼い主さま次第で軽減できるんです!!

少しの独特の臭いはもちろんありますが、その臭いが恋しくなる飼い主さまも多いようです。
臭いも含めて、愛してあげてくださいね♪


  , , , , ,