フェレット カラー

フェレットの毛にはいろいろなカラーバリエーションがあります。
それぞれの色と特徴を紹介していきます!

フェレットの毛はアンダーコートと呼ばれる少し短めの柔らかい毛と、
オーバーコート(トップコート)と呼ばれる固めの長い毛とで構成されています。

ほとんどがショートコート(毛が短い)でアンゴラ系はロングコート(毛が長い)です。

セーブル

日本で最も多く販売されているフェレットがセーブルです。
その中でも、フェレットの始まりと言われているケナガイタチの野生の色に近い種類です。
オーバーコートは濃い茶色〜黒色、アンダーコートは白色〜クリーム色をしています。
瞳は、濃い茶色〜黒色、鼻は茶色〜こげ茶色の個体が多くみられます。
手足、肩、尻尾、瞳の周りは黒く、タヌキのような顔立ちをしています。
セーブル
フェレットワールドより画像引用

ライトセーブル(セーブルポイント)

セーブルより全体的に薄いのが特徴です。
顔のタヌキのようなくまどりは、ほんの少しある程度。
オーバーコートは茶色〜こげ茶色、アンダーコートは白色からクリーム色です。
瞳はこげ茶色〜黒色で、鼻は茶色〜ベージュ、ピンク。顔全体が白っぽい個体が多いです。
手足、腹側、尻尾が他の部分より濃い色付きをしています。
ライトセーブル
フェレットワールドより画像引用

ブラックセーブル

セーブルより全体的に黒いのが特徴です。
オーバーコートは黒色、アンダーコートは白色〜クリーム色です。
瞳の色はこげ茶色〜黒色、鼻は茶色〜こげ茶色です。
全体的に艶のある真っ黒な個体が多いです。
ブラックセーブル
フェレットワールドより画像引用

アルビノ

先天性の色素欠乏症で生まれためずらしい色なのですが、一般的なフェレットカラーのひとつです。
オーバーコート、アンダーコートともに白一色。
瞳はピンク色〜赤色、鼻はピンク色です。
アルビノ
フェレットワールドより画像引用

バタースコッチ(チョコレート)

全体的に黄色く淡い色をしています。色あいもさまざまです。
オーバーコートが茶色〜チョコレート色、アンダーコートは白からクリーム色です。
瞳はこげ茶色〜ぶどう色、鼻はピンクの個体が多いです。
アメリカではチョコレートとも言われています。
バタースコッチ
フェレットワールドより画像引用

シナモン

全体的にバタースコッチより色合いが薄く、明るいカラー。
オーバーコートは赤みのある薄茶色、アンダーコートは白色〜クリーム色です。
瞳はブドウ色が多く、鼻はピンクの個体が多いです。
オーバーコートの独特の光沢による輝きにより、ピンクゴールドと言われる個体もいます。
大きくなり、ほぼバタースコッチのようになる個体もいます。
シナモン
フェレットワールドより画像引用

シャンパン

バタースコッチ、シナモンと全体的にカラーが似ていますが、もっと淡い色をしています。
オーバーコートはシャンパンのような小麦色、アンダーコートは白色〜クリーム色です。
瞳はブドウ色が多く、鼻はピンクの個体が多いです。
顔の模様はあっても薄く、ファームによってはピンクゴールド、ジンジャーとも言われています。
シャンパン
フェレットワールドより画像引用

スターリングシルバー

オーバーコートは白色と黒色の混合です。
アンダーコートとの比率でシルバーに見えます。
白い毛と黒い毛の混合の割合によって、四季や年齢などでも色が変化していくのが特徴です。
スターリングシルバー
フェレットワールドより画像引用

シルバーミット

スターリングシルバーより若干濃い色をしています。
長毛の先の部分が薄い黒色なので、灰色、銀色にみえたり、幼体時、全身が銀色にみえる個体もいますが、年齢とともに薄くなる傾向にあります。
手足が白い手袋をつけているように見えることから「ミット」と名付けられています。
シルバーミット
フェレットワールドより画像引用

ダークシルバーミット

全体的にシルバーミットと同じタイプです。
シルバーミットの中でも、手足、肩、尻尾の色が濃い個体をいいます。
手足には手袋を持っており、お腹は白色の個体が多いです。
ダークシルバーミット
ももiroより画像引用

ブレイズ

顔の真ん中より後ろへ、一本の白いラインがはいっているのが特徴です。
頭部、腹部などの模様がさまざまで、バリエーション豊かです。
ブレイズ
フェレットワールドより画像引用

パンダ

その名の通りパンダに模様が似ています。
手足に色があり、目元もパンダっぽい個体が多いです。
腹部まばらな場合もあり、牛のように見えることもあります。
ブレイズ、セーブルの中間色ではっきりと模様がでているのが特徴で、輸入量が少なく、影の人気色でもあります。
パンダ
フェレットワールドより画像引用

パール(プラチナ)

頭以外は全体的にパール色をしています。
更に、毛の色が白い個体をプラチナと呼び、出荷数も少ない色です。
パール
マリンより画像引用

マークドホワイト

オーバーコート、アンダーコートともに基本は白一色。
瞳は黒〜ブドウ色、鼻はピンク色です。
背中に尻尾まで続く黒いラインが入っているのが特徴です。
季節、成長、年齢、によりラインは濃くなったり、薄くなったりします。
マークドホワイト
フェレットワールドより画像引用

ホワイトファーブラックアイ

オーバーコート、アンダーコートともに基本は白一色です。
瞳は黒色〜ブドウ色、鼻はピンク色です。
季節、成長などで背中、尻尾に少量の黒い毛が入ることもあります。
オーバーコートの90%以上が白色の場合「ホワイトファーブラックアイ」となります。
最も少ない人気カラーであり、とても高価です。
ホワイトファーブラックアイ
フェレットワールドより画像引用

アンゴラ系(ロングコート)

さまざまな毛色があり、独自の呼び方があります。

アンゴラ系は手足が長いのも特徴です。
体は大きくなる個体も多く、気が荒いとも言われています。
上級者向けです。

ブラックセルフ

黒色と白色の混合色です。
成長や季節など、個体で色の割合はさまざまです。
セーブルのロングコートのようなイメージです。
ブラックセルフ
フェレットワールドより画像引用

ロイヤルパステル

薄い茶色と白色の混合色です。
こちらも成長や季節など、個体で色の割合はさまざまです。
バタースコッチ、シャンパンのロングコートのようなイメージです。
ロイヤルパステル
フェレットワールドより画像引用

ロイヤルオレンジ

赤みのある茶色と白色〜クリーム色の混合色です。
シナモンのロングコートのようなイメージです。

アルビノ

全体が真っ白で、瞳はピンク色〜赤色です。
アルビノのロングコートのようなイメージです。

ブレイズ、パンダ

この種類もアンゴラ系は存在しますが、とても出荷数は少ないです。


フェレットのカラーはいかがでしたか?
気に入ったカラーからステキな子を見つけてくださいね!


  , , , , ,